あなたの事業に最も有利な事業資金調達方法はどれ?

自己資金・補助金などを資金にあてる方法

事業を始めるためには事業資金を調達しなければなりませんが、その方法はさまざまです。それぞれの方法に異なる特徴があるため、どの方法が自分の事業に有利なのか、しっかり見極めながら考える必要があります。自己完結しやすいのは自己資金を貯める方法です。自分の資産をそのまま事業資金として使用するという非常にシンプルな仕組みです。ただし、事業資金は数百万規模で必要になることも珍しくはありません。十分な資金を貯めるまで長期間かかる可能性があります。

補助金を利用し資金調達する方法もあります。国や多くの自治体では、事業者向けに事業資金の補助制度を設けており、申請して審査に通れば補助金・交付金を受け取ることができます。ただし、業種や年齢、事業内容など、指定する条件にマッチしなければ補助対象とならないため、必ずしも全ての事業が制度の対象になるわけではありません。

融資を借り入れる方法

銀行など金融機関から融資を借り入れして資金調達を行う方法もあります。融資の申し込みは、非常にポピュラーな調達方法です。事業計画書などの書類をまとめ、金融機関担当者の面談などを経て、審査に通れば数百万から数千万円規模で資金を借り入れることができます。ただし、事業計画の実現性や返済能力を疑われ、審査に通らず融資を断られるケースも少なくありません。また、審査に通って借り入れができることになった場合も、毎月コンスタントに返済を進めていく必要が生じます。

そのほか、クラウドファンディングで資金を募ったり、選ばれると資金がもらえるビジネスコンペに応募したりなどの方法もあります。それぞれの方法のメリット・デメリットを把握した上で、内容を吟味することが大切です。