ビジネスローン?プロパー融資?融資のタイプで変わる融資条件

高額長期の融資ならプロパー融資に挑戦

事業を行うにはお金が必要ですが、お金が十分ある会社もあればギリギリの資金で何とか事業を回しているところもあるでしょう。新たな開発を行って将来のビジネスにつなげるには先行投資が必要になりますが、お金が回収できるまでには時間がかかるのであまり短期の融資サービスは向かないと言えそうです。もし高額で長期の融資を利用したいのであればプロパー融資に挑戦してみましょう。プロパー融資は主に都市銀行が用意している融資商品で、信用保証協会の保証なく銀行が直接融資を行ってくれます。特徴として低金利で融資期間が長く、しかも融資の上限も特に設けられていません。と言ってもそれなりに審査が厳しくなっていて、売上実績などがない中小企業となると利用するのは難しくなるでしょう。でも審査に通ればかなりお得な融資なので、まずは挑戦する必要がありそうです。

創業時から色々な用途に使える融資

会社運営がうまくいっていればどんどんお金がたまっていき、そのお金を使ってさらに会社を大きくできるでしょう。しかし創業当初はまだ出資したお金しかない状態で、日々の資金繰りにも苦しむときもあります。創業時においても利用できる融資商品としてビジネスローンがあるので、事業を急速に成長させたいならうまく活用すると良いでしょう。ビジネスローンを提供しているのは銀行の他消費者金融などもあり、無担保で利用できるケースが多いです。創業間もない時でも返済に関する計画書などを提出すれば審査に通るケースもあり、運転資金から投資のための資金などいろいろな用途に使えます。ただし融資金額はあまり多くなく、長くても10年程度までしか借りられません。